大腸info ホーム > 病気の種類 > 痔疾患

痔疾患

痔だと思っていたら、実は大腸がんだったというケースも。

イラスト

大きく分けて痔疾患には3種類ありますが、一般的に痔と呼ばれているのは痔核のことです。主に排便時のいきみ等によって、肛門周囲の血管がうっ血し生じます。日本では、約3人に1人は痔を患っています。


痔疾患の種類

  • 痔核(いぼ痔)
    直腸(内痔核)、肛門周囲(外痔核)の血管がいきみ等によってうっ血し、膨隆していぼ状になったもの。排便時にしばしば出血する。
  • 裂肛(切れ痔)
    肛門の皮膚が硬い便によって裂けたり切れたりした状態。
  • 痔瘻
    肛門腺の感染によって肛門周囲に膿瘍が生じ、膿が排膿された後に瘻管が形成される。手術をしないと治癒しません。

症状

  • 排便時の痛み、肛門からの出血(鮮血のことが多い)

痔瘻の場合

  • 肛門周囲のしこり、この部位からの排膿、排液

大腸がんは、痔と症状が似ているため、痔だと思い込んでいたら実は大腸がんだったというケースもあります。排便後、出血などが生じたら自己診断をせず、病院に行って検診を受けましょう。

痔核の治療法

薬物療法

初期の段階であれば、軟膏や座薬を投与します。

外科的治療

  • 結紮切除術
    痔核に血液を送っている血管を縛り、皮膚と一緒に痔核を切除します。
    傷口を開放しておくか又は半分縫い合わせます。
  • PPH
    自動吻合器を用い、ゆるんでいた直腸粘膜を全周性に切離・縫合し、本来の位置に戻します。
  • 注射硬化療法
    硬化剤を痔核に注射し、硬化、縮小させ、出血を止めます。
  • 赤外線凝固法
    レーザーを痔核にあてて凝固し、縮小させます。
  • ゴム輪結紮法
    特殊な器具を用い、内痔核の根元にゴム輪をし、痔核を壊死脱落させます。

裂肛(切れ痔)の治療法

薬物療法

初期の段階であれば、ニトログリセリン軟膏や座薬などを投与します。

外科的治療

  • 内括約筋側方切開術 (LSIS法)
    狭くなっている肛門括約筋にメスで切れ目をいれ、便の通りを良くします。
    手術時間が短いため、日帰りでも処置可能です。
  • 皮膚弁移動術 (SSG法)
    肛門に指も入らないくらい狭くなった場合、瘢痕化した組織を切除し、肛門の皮膚の一部を移動させ傷口を覆います。通常、入院する必要があります。

痔瘻の治療法

外科的治療

薬物療法では根治しないため、手術が必要です。

  • 切開開放手術
    瘻管(膿の通るトンネルのようなもの)と周囲の肛門括約筋を一緒に切開します。
    再発の危険性も少なく、肛門の機能にほとんど影響しません。
  • くりぬき法
    瘻管が筋肉の深いところにあるときは、肛門括約筋を温存するため、瘻管のみくり抜きます。非常に難しい手術のため、稀に病巣が一部残ってしまい再発するケースもあります。
  • ゴム輪結紮療法
    瘻管にゴム輪を通して縛り、圧迫をかけることによって徐々に切開開放を行います。
    治療期間は、比較的時間がかかります。

痔の症状があらわれたら、自己診断をせず、専門医に相談することが大切です。

痔についての詳細

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー ご利用規約 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2017

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-