大腸info ホーム > 病気の種類 > 虫垂炎

虫垂炎

盲腸についている虫垂の急性の炎症です。

イラスト

虫垂炎は、一般的に盲腸炎と呼ばれています。ほとんどは盲腸についている虫垂に炎症が起きて発症します。原因ははっきりしていませんが、何らかの原因で虫垂が閉塞し、細菌感染を起こすのではないかと考えられています。不規則な生活や過労、風邪、暴飲暴食、便秘などが引金となって発症します。


症状

  • 吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、食欲不振、便秘、発熱

上腹部やお腹全体から痛み出し、徐々に痛みは右下腹部に移っていきます。
早い段階で治療しないと、虫垂が破れ、合併症で腹膜炎を起こすこともあります。

診断法

  • 触診 
    お腹の痛みがあらわれるところによって、おおよその診断がつけられます。
  • 血液検査 
    白血球数が増えているため、確定診断がつけられます。

治療法

外科的治療

基本的には、手術で虫垂を切除します。入院期間は、約1週間必要です。
発症初期の段階であれば、抗生剤で治療することもあります。

外科的手術の詳細へ

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー ご利用規約 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2017

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-