大腸info ホーム > 治療法 > 外科的治療

外科的治療

外科的治療は、開腹してから病変部を切除する治療法です。開腹手術、腹腔鏡手術、経肛門的又は経仙骨的な局所切除術の3つの方法があります。最近では、技術の進歩により、腹腔鏡手術も普及してきています。

開腹手術

腹部を大きく切開(20-30cm)してから、病変部を摘出します。

腹腔鏡手術

腹部に小さな穴を数ヶ所開けます。腹腔内を炭酸ガスで膨らませ、一つの穴からは腹腔鏡(内視鏡の一種)を挿入し、お腹の中の様子をモニター画面に大きく映し出します。別の穴からは手術器具を挿入し、操作します。病変部は、小切開(3-6cm)から摘出します。

腹腔鏡手術の詳細へ

経肛門的又は経仙骨的な局所切除術

肛門から、または仙骨の近くの皮膚と直腸を切開し、病変部を摘出します。

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー ご利用規約 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2017

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-