大腸info ホーム > 治療法 > 内視鏡的治療

内視鏡的治療

内視鏡的治療は、内視鏡を用いてポリープや腫瘍を切除する治療法です。

ポリペクトミー

ポリープの茎の部分に、内視鏡の先端からスネアという通電ワイヤを引っ掛けて焼き切ります。一回で取り切れない大きなポリープ(25mm~)は、複数回ポリペクトミーを行います。通院にて処置可能です。
適応外:平坦で大きくてとりきれないものや家族性大腸ポリポーシス等。

ポリペクトミー図解

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

平坦な腫瘍は、隆起させるために粘膜下に生理食塩水等を注入し、ポリペクトミーを行います。入院が必要な場合もあります。

EMR(内視鏡的粘膜切除術)図解

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

大きな腫瘍は、電気メスで粘膜を切開し、粘膜下層を剥離します。数日間入院が必要です。

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)図解
印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー ご利用規約 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2017

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-